マットレス

イスカマットレスの特徴・種類・口コミでの評価を徹底調査

更新日:

イスカマットレスの特徴・種類・口コミでの評価を徹底調査

登山・キャンプ・サイクリングなどのアウトドアでの醍醐味のひとつが、テントやシュラフ(寝袋)での野外泊ですよね。

しかし岩場の硬さや地面の冷たさがダイレクトに体にひびき、眠りが浅くなったり、腰や背中が痛くなった経験はありませんか?

もともと腰痛の悩みがあるという人にとっては、シュラフで寝るのは深刻な気がかりでしょう。

そんな時、地面とシュラフの間に敷くことで睡眠の質をぐっと高めてくれるのが、イスカのマットレスです。

イスカマットレスの特徴や種類、口コミでの評価や、腰痛持ちの人でも使える理由をまとめました。

また、イスカと並ぶシュラフの有名メーカー「ナンガ」と「モンベル」のマットレスと、サイズや価格などを比べました。

さらに、イスカのマットレスと一緒に使いたいシュラフ3選もご紹介します。

アウトドアの時にシュラフで寝ると、腰痛が心配、眠りが浅い、体が冷える、…などの悩みがあったり、イスカマットレスの購入を検討しているという人は、ぜひ参考にしてください。

イスカマットレスの特徴は?

イスカのマットレスの特徴は、

・ウレタンとエアのいいとこ取りをした使い勝手の良さ
・密度の高いナイロン素材が生みだす優れた耐久性と軽量性
・寝心地の快適性
です。

それぞれの特徴について詳しく解説します。

使い勝手の良さ

アウトドアで使われるマットは、構造によって、ウレタンマット・エアーマット・インフレータブル(自動膨張式)マットの3種類にわけられます。

イスカのマットレスはこのうち、インフレータブルマットにあたります。

インフレータブルマットは、中に入ったウレタンクッション部分と、空気で膨らむエア部分の両方の構造をもつマットです。

価格がやや高めという難点はありますが、

  • 薄くて硬いウレタンマットより寝心地がいい
  • 空気を抜くと、ウレタンマットよりコンパクトに収納できる
  • エアーマットより軽い
  • 破れると空気漏れして使えないエアーマットより耐久性がある
  • エアーマットより空気を入れるのが簡単(バルブを開けると自動的に空気が入る)

といった点で、ウレタンマットとエアーマットの良いとこ取りをした、総合的に使い勝手の良いマットです。

耐久性と軽量性

イスカのマットレスには、30デニールの密度の高いナイロン素材が使われています。

そのため耐久性にすぐれており、ゴツゴツとした岩場や、砂利の多いコンクリートなどに敷いても破れにくくなっています。

またイスカのマットは軽量性にもすぐれています。

インフレータブルマットの全身用(長さ約180cm)は重量1kg前後の製品が多いのですが、イスカのマットは580g~660gと軽量です。

さらにイスカのマットレスは小さく丸めて収納袋に入れると、直径約15cm×長さ約30cmほどにコンパクトにまとめられます。

直径約15cm×長さ約30cmほどにコンパクトにまとめられます。
出典元:http://www.isuka.co.jp/products/lineup/product.php?seq=79

アウトドアでは荷物の軽さや持ち運びのしやすさが重要になるため、軽量でコンパクトなイスカのマットレスは幅広い層に支持されています。

寝心地の快適性

イスカのマットレスは全体の厚みは2.5~3.2cmと薄めながら、表面の丈夫なナイロン素材・中のウレタンクッション部分・エア部分が地面の凹凸や冷気を遮断しながら、しっかり体を支えてくれます。

またマットの両面には強力なノンスリップ加工が施されており、体がマットから滑りにくいことはもちろん、地面とマットの滑りも防止してくれます。

寝返りなどをしてもマットがズレにくく、快適な眠りを妨げません。

さらにイスカのマットレスは、エア部分に入れる空気の量によって寝心地の硬さを調節することができます。

空気をたくさん入れれば硬めの寝心地に、空気を入れる量を控えればウレタンクッションの柔らかい寝心地になるため、自分の好みや腰痛などの悩みに合わせた快適な硬さのマットで眠ることができます。

イスカマットレスの種類は?

イスカのマットレスには

  • ピークライトマットレス
  • コンフィライトマットレス

の2種類があります。

それぞれの特徴、サイズ、価格などをご紹介します。

ピークライトマットレス

ピークライトマットレス
出典元:http://www.isuka.co.jp/products/lineup/product.php?seq=79

サイズ
(幅×長さ×厚み)
収納時サイズ
(幅×長さ)
重量 価格
(税抜)
120(半身用) 50×117×2.5cm 10.5×26cm 390g 7,000円
160(ショート) 50×162×2.5cm 12.5×26cm 550g 8,500円
180(全身用) 50×175×2.5cm 13×26cm 580g 9,000円

ピークライトマットレスは、軽量性を重視したモデルです。

一番大きい180(全身用)サイズでも重量は580gと、500mlペットボトル約1本分という軽さです。

厚みも2.5cmと薄めで収納時サイズも小さいので、荷物のコンパクトさが重要になってくる登山やサイクリングなどでの使用に特におすすめです。

コンフィライトマットレス

コンフィライトマットレス
出典元:http://www.isuka.co.jp/products/lineup/product.php?seq=85

サイズ
(幅×長さ×厚み)
収納時サイズ
(幅×長さ)
重量 価格
(税抜)
120(半身用) 49×117×3.2cm 12×27cm 430g 7,300円
160(ショート) 49×162×3.2cm 14×27cm 620g 9,000円
180(全身用) 49×175×3.2cm 15×27cm 660g 9,500円

コンフィライトマットレスは、寝心地の快適性や断熱性を重視したモデルです。

3.2cmの厚みがしっかりと地面の固さや冷たさをシャットアウトしてくれるため、快適な寝心地を実現してくれます

冷えに弱い女性や、冬登山などでの使用に特におすすめのモデルです。

イスカマットレスの口コミでの評価は?

イスカマットレスの口コミでの評価に共通しているのは「性能と価格のバランス(コスパ)が良い」ということです。

アウトドア用マットレスの中には、高性能ながら4~5万円と価格が高い製品もあります。

しかしイスカのマットレスは使い勝手が良く、耐久性・軽量性・寝心地の快適性にもすぐれているのに、1万円弱と比較的低価格で購入できるので、多くの人に支持されています。

実際の口コミをいくつかご紹介します。

アウトドア用品店で「寝心地も良く、破れやバルブの不具合なども起きにくいのに、値段がお手頃」のハイコスパモデルとしてお勧めされました。
実際に使ってみると、まず収納サイズがコンパクトかつ軽量で持ち運びが楽です。
またほどよい厚みと丈夫な素材のおかげで、地面の凸凹や冷気がまったく気になりません。
いつもテントでの寝起きは腰や背中が冷えて固まったように痛かったのが、イスカマットレスにしてからはなくなりました。
(使用マット:コンフィライトマットレス、主な用途:キャンプ)

長年イスカのマットレスを愛用していますが、破れも、バルブからのエア漏れなどもまったくありません。
寝心地もほどよく包み込まれるような柔らかさがあり、とても快適。
自転車旅が趣味なので、収納すると小さくなり軽いのは本当にうれしいです。
この手のマットレスは4~5万円するものも珍しくない中、1万円前後でこの耐久性と快適さとコンパクトさのバランスは素晴らしいです。
(使用マット:コンフィライトマットレス、主な用途:サイクリング)

今まで別ブランドのマットを使っていましたが、へたってきたので最近イスカに買い換えました。
イスカのマットは滑り止め加工がついているので、寝ているときに体が落ちにくくて快適です。
ただ厚みがあまりないので、岩肌のごつごつした場所では、ややクッション性が物足りなく感じました。
(使用マット:ピークライトマットレス、主な用途:登山)

キャンプを楽しむようになってから程なくギックリ腰を患ってしまい、それから寝袋で寝るのが心配になっていました。
知り合いの熟練キャンパーからマットレスの存在を教えてもらい、コスパがいいイスカをおすすめされました。
寝てみると、マットレスなしの時に比べて寝心地の快適さが全然違って驚きました。
心配だった腰の冷えやダメージもほとんどなく、これからもキャンプが楽しめそうで安心しています。
私のような初心者キャンパーにも手を出しやすい値段なのも嬉しいですね。
(使用マット:コンフィライトマットレス、主な用途:キャンプ)

イスカのマットレスを使うと、背中や腰が冷えて固まったような痛みが軽減されたと実感できるようです。

また腰痛に悩む人でも、イスカのマットレスを使えば安心してキャンプなどのアウトドアを楽しんでいることがわかります。

イスカとナンガとモンベルのマット比較

イスカのシュラフやマットレス製品と比較されることの多いメーカーが「ナンガ」と「モンベル」。

イスカ、ナンガ、モンベル、いずれもダウンシュラフなどのアウトドア用品を扱う日本のメーカーで、価格帯もそれほど高くないことが共通点です。

イスカとナンガとモンベルのマットレスを、サイズ・重量・価格の点で比べました。

サイズ
(幅×長さ×厚み)
収納時サイズ
(幅×長さ)
重量 素材密度
(D=デニール)
価格
(税抜)
イスカ
コンフィライトマットレス
180(全身用)
49×175×3.2cm 15×27cm 660g 30D 9,500円
ナンガ
キャンピングマット
68×183×5cm 19×34cm 1,180g 30D 12,800円
モンベル
U.L. コンフォートシステム
キャンプパッド38
180
68×183×5cm 19×34cm 1,180g 30D 12,800円

※いずれもインフレータブル(自動膨張式)マットレス

こうして比べてみると、イスカのマットレスは

  • 収納時サイズのコンパクトさ
  • 重量の軽さ
  • 価格の安さ

にすぐれていることがよくわかります。

イスカのマットレスが「性能と価格のバランス(コスパ)が良い」として人気があるのがよくわかりますね。

ただし体格が大きめの人や、ゆったりめの寝心地を重視したい人は、イスカよりも幅の広いナンガやモンベルのマットレスを選ぶとよいでしょう。

また耐久性を重視したい人は、50Dと密度の高い素材を使用したモンベルのマットレスがおすすめです。

しかしナンガのマットレスは生産終了しており、公式サイトや楽天などの大手サイトでは現在販売されていません。

ナンガのマットレスが気になる人は、アウトドアショップなどに在庫がないか問い合わせてみましょう。

イスカマットレスは腰痛でも大丈夫?

イスカのマットレスは、テントやシュラフで寝るときの腰痛軽減に役立ちます。

テントやシュラフで寝るときに地面の凹凸や冷気を遮断してくれるため、背中や腰の痛み・冷えといった腰痛悪化の原因を軽減してくれます。

腰痛が心配という人は、2種類あるイスカのマットレスのうち、より断熱性と快適性にすぐれて厚みもあるコンフィライトマットレスを選ぶとよいでしょう。

また大きさも、120(半身用)・165(ショート)・180(全身用)の3種類のうち、自分の身長がすっぽりおさまる大きさを選ぶのがおすすめです。

120(半身用)は、大人だとマットでは足りない頭部分や足元を、ザックなどの荷物で補って寝ることを前提としています。

そのため寝姿勢がくの字になったり不自然な体勢になるため、腰痛のある人にはおすすめしません。

身長に応じて、体をなるべくまっすぐ横たえて寝ることのできる、165(ショート)か180(全身用)を選びましょう。

ただしイスカのマットレスはあくまでアウトドア用マットレスであり、家庭用寝具ではありません。

腰痛の悩みを持つ人は、家では腰痛にいいマットレスを使うようにしてください。

腰痛で悩む人は家ではどんなマットレスを使うのがおすすめ?「腰痛にいいマットレス」について解説した記事はこちら

雲のやすらぎとモットンを比較
腰痛に効くマットレスおすすめはどっち?【雲のやすらぎvsモットン】

腰痛に効くマットレスを探している方におすすめはどっち?口コミで評判の雲のやすらぎとモットンを比較しました 腰痛に効果があると口コミで評判のマットレスの「雲のやすらぎプレミアム」と「モットン」。 けど、 ...

続きを見る

マットと一緒に使いたいイスカのシュラフ3選

イスカは良質な羽毛を使ったダウンシュラフ製品が有名です。

シュラフとマットレスをあわせて使うことで、アウトドア時の睡眠をより暖かく快適なものにすることができます。

特に腰痛の悩みを持つ人は、腰の痛みや冷えを軽減するため、アウトドアではシュラフとマットレスをあわせて使うことをおすすめします。

ここからはマットレスとあわせて使いたい、イスカのおすすめシュラフ3選をご紹介します。

ウルトラライト

ウルトラライト
出典元:http://www.isuka.co.jp/products/index.html

最大サイズ
(肩幅×全長)
収納時サイズ
(幅×長さ)
重量 中わた 価格
(税抜)
80×202cm 12.5×22cm 600g 160g 8,700円

ウルトラライトは、軽さとコンパクトを重視した夏用モデルです。

夏の登山やキャンプ、沢登り、サイクリングやバイクツーリングなど、夏季にアウトドアを楽しむ人に最適なシュラフです。

アルファライト

アルファライト
出典元:http://www.isuka.co.jp/products/index.html
※アルファライト700Xの場合

最大サイズ
(肩幅×全長)
収納時サイズ
(幅×長さ)
重量 中わた 価格
(税抜)
81×203cm 19×35cm 1360g 700g 16,000円

アルファライトは、濡れや湿度に強い素材を使った、イスカシュラフのスタンダードモデルです。

中わたの量によって、アルファライト300X・500X・700X・1000X・1300Xの5種類があり、それぞれ使用に適したシーズンや最低温度が異なります。

なかでもアルファライト700Xは、春から秋まで年間を通して使用可能期間が長く、すぐれた保温性とコンパクトな収納を兼ね備えているので、ファミリーキャンプなどに人気のモデルです。

また保温性が高いため、3000m程までの標高の高くない山であれば、冬登山でも使用可能です。

イスカエア

イスカエア
出典元:http://www.isuka.co.jp/products/index.html

※イスカエア280Xの場合

最大サイズ
(肩幅×全長)
収納時サイズ
(幅×長さ)
重量 中わた 価格
(税抜)
78×208cm 14×24cm 570g 280g 28,000円

イスカエアは、日本の山で使いやすいイスカシュラフの定番モデルです。

イスカエアには、羽毛量や使用可能シーズンなどによって13種類ものモデルがあります。

中でもイスカエア280Xは保温性や軽量性のバランスが良く、日本の夏山(北アルプスなど)でのテント泊や、テント泊初心者にもおすすめのモデルです。

またイスカエア450Xは、春から秋の山はもちろん、標高の低い山であれば冬も使用可能な応用力の高さが特徴で、イスカシュラフの代表的なモデルです。

まとめ

アウトドアが好きだけれど、腰痛があるからテントやシュラフで寝るのが心配…

とお悩みの人には、シュラフにマットレスをあわせて使うことがおすすめです。

マットレスが地面の硬さや冷気をシャットアウトしてくれるので、野外泊での腰痛を軽減してくれます。

中でもイスカのマットレスは、使い勝手・耐久性・軽量性・寝心地の快適性といった性能がよく、価格も手頃でコスパがいいのでおすすめです。

腰痛があるからとアウトドアを諦めず、イスカのマットレスをお供に、好きなアウトドアを目いっぱい楽しみましょう。

家で使う腰痛にいいマットレスをお探しの方は、「腰痛にいいマットレス」について詳しく解説したこちらの記事をどうぞ

-マットレス

Copyright© 腰痛マットレスゼミ , 2019 All Rights Reserved.