腰痛コラム

腰痛になったら行くのは整形外科と整骨院のどっちがオススメ?

投稿日:

腰が痛むときに、整形外科と整骨院、どっちに行ったらいいのか迷ったことはありませんか?

腰痛になったら、まずは整形外科で医師の診察を受けることをオススメします。

なぜなら、腰痛の中には骨の異常や病気が原因のものがあり、診察・診断できるのは医師だけだからです。

危険な腰痛ではないという医師の診断が出たら、腰痛を軽減させるために整骨院に行くのもいいでしょう。

でも、整骨院の他にも、ペインクリニック、接骨院、鍼灸院、マッサージ院、整体院、カイロプラクティックなど腰痛を治してくれそうな施設がたくさんあります。

これらの違いをご存知ですか?

ここでは、

  • 原因不明だが危険でない腰痛
  • 原因がわかる危険な腰痛

について解説します。

それから、

  • 整形外科
  • ペインクリニック
  • 整骨院と接骨院
  • 鍼灸院
  • マッサージ院
  • 整体院
  • カイロプラクティック

の違いについても解説します。

腰痛になったらまずは整形外科へ行きましょう

腰痛になったらまずは整形外科へ

日本整形外科学会・日本腰痛学会監修の「腰痛診療ガイドライン2012」によると、整形外科医は、まず、腰痛患者を注意深い問診と身体検査によって診察します。

ここで、整形外科医は患者の腰痛が危険なものであるかどうかを診断します。

整形外科では医師がこういった診断をすることができますが、整骨院ではできません。

ですから、腰が痛いときは、まずその痛みが骨の異常や重い病気の影響が原因のものなのかを、医師に診てもらうのが安心です。

85%の人は腰痛の原因がわからない

85%の人は腰痛の原因がわからない

実は、整形外科を受診して腰痛の原因がわかるのは受診者の15%だけ、と言われています。

東京大学の運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座のHPによると、残りの85%の原因がよくわからない腰痛を「非特異的腰痛」と呼ぶそうです。

非特異的腰痛は、心配するような異常や病気はないので、危険ではない腰痛なのだそうです。

そして、非特異的腰痛が起こる要因は、

  • 腰への負担が引き金となって起こる脊椎の不具合
  • 心理的ストレスが関係する脳機能の不具合

の2つと考えられています。

腰への負担が原因の腰痛

前後左右にずれて、痛みを感じる

私たちの姿勢や動作が原因で腰に負担がかかると、椎間板の真ん中にある髄核(上の図の赤いところ)が前後左右にずれて、痛みを感じるそうです。

ストレッチなどでずれた髄核を真ん中に戻すことで、腰の痛みが軽減します。

ストレスが原因の腰痛

ストレスが原因の腰痛

仕事や人間関係、そして腰痛への恐怖によって心理的ストレスが強くなると、痛みを抑える脳内物資(ドパミン、オピノイド)が分泌されにくくなり、腰痛が起こりやすくなります。

それから、ドパミンの分泌が減少すると、セロトニン(神経のバランスを保つ脳内物質)の分泌も減少します。

その結果、自律神経のバランスが崩れて、腰痛が起こりやすくなります。

このようなストレスが原因の腰痛は、ストレスを上手に解消することで軽減されます。

絶対に整形外科に行くべき腰痛の種類とは?

腰の痛みが強いときは、歩くのも大変

腰の痛みが強いときは、歩くのも大変なので、病院に行くよりも家で安静にしていたいと思いませんか?

しかし、以下のような症状があるときは、放っておいたり、自己判断でストレッチやマッサージをしたりしてはいけません。

  • 安静にしていても痛みが軽くならない、もしくは次第に悪化している
  • 発熱している
  • 下肢が痺れたり力が入らない
  • 尿もれ

などの症状がある場合は、すみやかに整形外科を受診してください。

これらの症状が出ている場合は、痛みの原因がわかる危険な腰痛である可能性が高いからです。

腰痛の原因がわからなかった場合はどうしたらいいですか?

腰痛の原因がわからなかった場合はどうしたらいいですか?

原因がわからない腰痛の場合は、心配するような異常や病気はないことがわかりましたが、それでも腰が痛いことには変わりありませんよね。

危険でない腰痛だったら整骨院に行ってもいいのでしょうか?

それに、「〇〇整骨院」「xxはりきゅうマッサージ整骨院」「△△整体院」など様々な名称の施設があって、混乱します。

そこで、各施設の違いを調べて、下の表にまとめてみました。

治療・施術してくれるのは どんな資格 保険適用
整形外科・ペインクリニック 医師・理学療法士 国家資格 あり
整骨院・接骨院 柔道整復師 国家資格 あり
鍼灸院 はり師・きゅう師 国家資格 あり
マッサージ院 あん摩マッサージ指圧師 国家資格 あり
整体院 整体師 法的な資格はない なし
カイロプラクティック カイロプラクター 法的な資格はない なし

補足しますと、「xxはりきゅうマッサージ整骨院」という名称の施設の場合は、

  • 柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の複数の国家資格を持っている人が施術している
  • 柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師が常駐していて、それぞれ施術している

ということになります。

以下では、各施設の腰痛治療・施術について解説します。

整形外科・ペインクリニックは?

整形外科・ペインクリニック

日本整形外科学会・日本腰痛学会監修の「腰痛診療ガイドライン2012」によると、原因不明の非特異的腰痛と診断した場合は、疼痛と機能障害に応じて4~6週間の保存的治療を行うことになっています。

保存的治療というのは、痛みを改善するための療法で、以下の療法があります。

  1. 消炎鎮痛剤や貼り薬などの「薬物療法」
  2. 痛いところに局所麻酔を注射する「神経ブロック」
  3. コルセットなどの「装具療法」
  4. 特殊な機械で腰椎を引っ張る「牽引療法」
  5. 腹筋や背筋維持のための「体操療法」
  6. 温熱療法や電気刺激を患部に与える「理学療法」

つまり、原因不明の腰痛の場合は、痛み止め薬や湿布薬を処方するなどして4~6週間様子を見るということです。

整形外科でリハビリ施設を併設している病院は、理学療法士が(4)(5)(6)を行います。

それから、麻酔医によるペインクリニックでは、(1)と(2)を受けることができます。

整骨院・接骨院は?

整骨院・接骨院は?

まずはじめに、整骨院と接骨院は同じです。

両方とも、国家資格を持った柔道整復師が施術を行なっています。

柔道整復師は、怪我による骨折・脱臼・捻挫・打撲。肉離れなどを整復・固定して、人間が持っている自然治癒力を最大限に引き出す施術を行います。

ですから、腰痛の場合は、関節の捻挫である「ぎっくり腰」を診てもらうことができます。

そして、上で説明した怪我について健康保険だけでなく労災保険や自動車損害賠償責任保険が適用されます。

鍼灸院は?

国家資格を持つはり師ときゅう師

鍼灸院とは、国家資格を持つはり師ときゅう師が鍼(はり)と灸(お灸)で施術を行なっているところです。

はり師は金属の細い針を経穴(ツボ)に刺入し、きゅう師はもぐさを燃焼させて経穴(ツボ)に刺激を加えて具合の悪いところの改善を試みます。

腰痛の場合は、急性のぎっくり腰も慢性の腰痛も鍼灸施術の対象になります。

鍼灸の場合は、腰痛を含む以下の病気が健康保険の対象になります。

  • 神経痛:坐骨神経痛など
  • リウマチ:急性および慢性で各関節が腫れて痛むもの
  • 腰痛症:慢性の腰痛、ぎっくり腰など
  • 五十肩:肩の関節が痛くて腕が上がらないもの
  • 頚腕症候群:首から肩や腕にかけてシビレ痛むもの
  • 頚椎捻挫症候群:首の外傷、むち打ち症など

ただし、医師の同意書が必要なので、鍼灸院に行く前に医師の診断を受けていないといけません。

マッサージ院は?

マッサージ院

マッサージ院に通うなら、国家資格を取得したあん摩マッサージ指圧師が施術しているところを選びましょう。

あん摩マッサージ指圧師は、手や指などを使って押す・揉む・さする・たたく・震わす・引っ張るなどして施術します。

腰痛の場合は、急性のぎっくり腰も慢性の腰痛もあん摩マッサージ指圧の対象になります。

マッサージの場合は、病名でなく以下の症状が健康保険の対象になります。

  • 筋麻痺
  • 関節拘縮

これらの意味は、関節が硬くて動かない、または動きが悪い、筋肉が麻痺して自由に動けない、などということです。

ただし、鍼灸と同様に、医師の同意書が必要なので、マッサージ院に行く前に医師の診断を受けていないといけません。

整体院は?

整体院は?

整体院は整骨院と名前が似ているので、混同されやすいようです。

整骨院は国家資格の柔道整復師が施術を行うところです。

これに対し、整体院は整体師が施術を行いますが、整体師は公的な資格ではありません。

整体とは、体を支える中心となる骨盤や背骨を整え、骨のずれなどを矯正することによって筋肉のコリや疲労をほぐし、体全体のバランスを整えます。
引用:せのお整体矯正院HP

そして、慢性の腰痛も急性の腰痛も整体による施術の対象になっています。

整体師を養成する学校があり、腕の良い整体師さんは実際にいらっしゃいます。

しかし、誰でも整体師を名乗ることができるので、どこの整体院に行っても安全な施術を受けられるとは限りません。

それから、整体師は国家資格でないので、整体院での施術は健康保険の対象になりません。

(参考資料)
せのお整体矯正院HP

カイロプラクティックは?

カイロプラクティックは

カイロプラクティックは、骨格の歪み、特に背骨の機能異常を手技によって調整することで神経の働きを回復するヘルスケアです。

そして、慢性の腰痛も急性の腰痛もカイロプラクティックによる施術の対象になっています。

カイロプラクティックではカイロプラクターという専門家が施術します。

しかし、日本にはカイロプラクティックに関する法律がないので、公的な資格制度がありません。

なので、誰でもカイロプラクターを名乗れるというのが現状です。

それから、カイロプラクターは国家資格でないので、カイロプラクティックでの施術は健康保険の対象になりません。

ただし、カイロプラクティック自体は、世界約100カ国で普及していて、うち45カ国ではカイロプラクターは公的なヘルスケア専門職として認知されています。

日本の場合は、WHO(世界保険機構)の教育水準を満たした教育・訓練を受けたカイロプラクターは日本カイロプラクティック登録機構(JCR)に登録しています。

日本カイロプラクティック登録機構に登録しているカイロプラクターは、日本カイロプラクティック登録機構のHPで確認できます。

まとめ

腰痛になったら、まずは整形外科へ

腰痛になったら、まずは整形外科へ行きましょう。

そして、腰痛の原因は不明だけど危険はない、という医師の診断が出たら、痛みの軽減のために整形外科以外の整骨院などに行くのもいいでしょう。

ただし、整体院やカイロプラクティックのように、日本の法律の対象になっていない施設もあります。

この記事を参考にして、安全に気をつけて、腰痛改善の施術を受けてください。


【おすすめ記事】

腰が痛むときは、腰痛に効くマットレスで寝るのもおすすめです。

腰痛に効くマットレスについては、「腰痛に効くマットレスを探している方におすすめはどっち?口コミで評判の雲のやすらぎとモットンを比較しました」で解説しています。

参考記事
雲のやすらぎとモットンを比較
腰痛に効くマットレスおすすめはどっち?【雲のやすらぎvsモットン】

腰痛に効くマットレスを探している方におすすめはどっち?口コミで評判の雲のやすらぎとモットンを比較しました 腰痛に効果があると口コミで評判のマットレスの「雲のやすらぎプレミアム」と「モットン」。 けど、 ...

続きを見る

-腰痛コラム

Copyright© 腰痛マットレスゼミ , 2019 All Rights Reserved.