マットレス

トゥルースリーパーで腰痛が悪化する?口コミでの評判を徹底調査

更新日:

低反発マットレスで有名なトゥルースリーパー

低反発マットレスで有名なトゥルースリーパー。

しかし「柔らかすぎて体が沈みこむ」「腰痛がひどくなる」という噂があります。

トゥルースリーパーが腰痛に悪いというのは本当なのでしょうか?

口コミでの評判や、トゥルースリーパーのメリット・デメリットから本当に腰痛に悪いのかどうかを検証した結果、

・「トゥルースリーパー=腰痛に悪い」わけではない

・低反発マットレスに合わない「睡眠スタイル」や「体格」の人がトゥルースリーパーを使った結果、腰痛が悪化した可能性がある

ということがわかりました。

またその結果を受けて、

・腰痛などを起こさない「睡眠スタイル」や「体格」に合った最適なマットレスの硬さ

・高反発、中反発、低反発の硬さがあるトゥルースリーパーの種類

・トゥルースリーパーを最安値で買う方法

についてもまとめました。

「トゥルースリーパーが気になっているけど、腰痛に悪いという噂が気になる…」

「低反発マットレスが腰痛に良いのか悪いのか、よくわからない…」

という人は、ぜひ参考にしてください。

口コミからわかるトゥルースリーパーの評判は?

低反発マットレスのトゥルースリーパーを実際に使ってみて「悪かったという口コミ」と「良かったという口コミ」をみながら、本当に腰痛に悪いのかどうか検証しました。

悪い口コミ

寝心地は柔らかくて気持ちいいのですが、腰痛がひどくなりました。
やはり腰痛には硬めの高反発マットレスが良いみたいです。(50代、男性)

体が沈み過ぎるので寝返りがしづらく、朝起きると全身痛いです。(40代、女性)

私は仰向けで寝るタイプなのですが、腰やお尻の辺りがだんだん沈んでしまうので「くの字」のような姿勢になってしまい、朝起きると腰が痛みます。
横向き寝が好きな夫は、肩や腰が柔らかく沈むので快適なようです。(30代、女性)

体へのフィット感がすばらしいですが、夏は暑すぎて寝ていられません。(40代、男性)

柔らかく気持ち良いのですが、へたりやすいです。
また日光にあてると固くなり陰干ししかできないので、ダニの繁殖などが心配です。(30代、女性)

悪い口コミを見てみると、トゥルースリーパーは

・柔らかくて体が沈みすぎるので、腰が痛くなる、寝返りしづらい、暑い

といった声が多いことがわかります。

またへたりやすさや、お手入れの方法と清潔感について心配する声もありました。

低反発マットレスならではの柔らかさに、デメリットを感じる人がいるようです。

良い口コミ

これまで寝返りをうつと体のあちこちが痛んで目が覚めていましたが、痛みがなくなり熟睡できるようになりました。(70代、女性)

トゥルースリーパーを使い始めて数日してから、寝起きの腰痛が驚くほど改善しました。
妻も肩の痛みが軽減したと喜んでいます。(50代、男性)

以前は朝起きると体が固まったような痛みがありましたが、トゥルースリーパーで寝るようになってからは、寝起きの体が柔らかく軽いのを実感しています。(40代、男性)

包み込まれるような寝心地で、今まで寝つきが悪く眠りも浅かったのに、今ではすぐ眠りに落ち熟睡することができます。(20代、女性)

良い口コミを見てみると、トゥルースリーパーで寝るようになってから

・腰、肩など体の痛みがなくなった

・寝起きの体が柔らかい、楽、軽い

といった声が多く見られました。

また包み込まれるような柔らかな寝心地で、寝つきの良さや熟睡感を感じている人も多くいました。

低反発マットレスならではの柔らかさに、メリットを感じる人もいるようです。

【口コミまとめ】トゥルースリーパーが腰痛に悪いのは本当?

口コミでの評判を見てみると、低反発マットレスならではの柔らかさにデメリットを感じる人も、メリットを感じる人もいました。

また腰痛に関しても、トゥルースリーパーで「悪化した」という人も、「改善された」という人もいます。

口コミの評判からだけでは、「トゥルースリーパー=腰痛に悪い」とは一概には言えないことがわかります。

【腰痛に悪い?】低反発トゥルースリーパーのメリット・デメリットとは?

トゥルースリーパーには、低反発マットレスならではの3つの特徴があります。

特徴1

フィット感のある寝心地

特徴2

体への負担を軽減できる

特徴3

衝撃を吸収できる

トゥルースリーパーの特徴のメリットとデメリットを「腰痛に良いのか・悪いのか」という視点からまとめ、本当に腰痛に悪いのかどうか検証しました。

特徴1.フィット感のある寝心地

トゥルースリーパーは、弾力性や復元性にすぐれた低反発素材を使用しており、マットレスが体の凹凸に合わせて自在に変形します。

そのため、体全体が包み込みまれるようなフィット感のある寝心地が特徴です。
体全体が包み込みまれるようなフィット感

【フィット感のある寝心地のメリット・デメリット】

メリット 〇 オーダーメードのように体の凸凹にフィットして腰が支えられる
〇 柔らかめの寝心地が好きな人には心地よい
デメリット × 体格が大きい人などは体が沈み過ぎて腰痛が悪化することがある
× 夏は暑い
× 硬めの寝心地が好きな人には違和感がある

トゥルースリーパーは柔らかい寝心地が好みの人には体へのフィット感が心地よく、腰など体全体が楽に感じられます。

一方で体が沈み込むため、体格が大きめの人や硬めの寝具が好きな人は寝心地に違和感があり、腰痛が悪化する可能性があります。

特徴2.体への負担を軽減できる

トゥルースリーパーは、体の凸凹に合わせてマットレスが変形して体を支えるため、体への負担を軽減できます。

下図のように横向きに寝たとき、一般的な寝具では背骨のかたちが不自然になり、首や腰に圧力がかかります。

しかしトゥルースリーパーは体の形に合わせてマットレスが変形するため、背骨が自然な形に保たれ、首や腰に圧力が集中しません。
首や腰に圧力が集中しません

【体への負担が軽減できるメリット・デメリット】

メリット 〇 横向き寝時の肩や腰の負担が軽減できる
デメリット × 仰向けで寝ると、腰やお尻が沈み過ぎて腰痛が悪化することがある

トゥルースリーパーは、柔らかいマットレスが体に合わせて変形するため、体の負担を軽減することができます。

特に横向き寝が多い人は、凸凹の大きい肩や腰の負担を軽減する効果が期待できます。

一方で仰向き寝が多い人は、腰やお尻が大きく沈んでしまうことで「くの字」のような寝姿勢になり、かえって腰痛が悪化する可能性があります。

特徴3.衝撃を吸収できる

トゥルースリーパーは衝撃吸収にすぐれています。

ガラス板の上に置いたトゥルースリーパーの上にボーリング球を落としても、ガラス板がびくともしない程しっかりと衝撃を吸収します。

【衝撃を吸収できるメリット・デメリット】

メリット 〇 寝返りなどの衝撃が体に伝わらないため、腰に優しい
〇 ダブルサイズなど2人以上で同じマットレスを使う場合も、相手の寝返りなどの衝撃が伝わりづらい
デメリット × 反発力がないため寝返りしづらく、腰痛が悪化することがある

トゥルースリーパーは寝返りをしたときの体への衝撃がまったくなく、腰痛もちの人の体にも優しいマットレスといえます。

また夫婦や家族で1枚のマットレスを共有して寝ている人は、相手の寝返りの衝撃で眠りが浅くなることもありません。

一方で衝撃を吸収する力が強いぶん反発力も弱く、寝返りをするのに力がいるというデメリットがあります。

寝返りの多い人や、力の弱い高齢者にとっては寝返りがしにくく、腰痛などの体の痛みが悪化する可能性があります。

【メリット・デメリットまとめ】トゥルースリーパーが腰痛に悪いのは本当?

トゥルースリーパーは、柔らかいマットレスが体の凸凹にフィットして沈み込むことで体の負担を軽減し、衝撃吸収にもすぐれていることが特徴です。

そのため、

・柔らかめの寝心地が好きな人
・横向き寝の多い人
・寝返りの少ない人

には、腰痛を軽減する効果が期待できるといえます。

一方で、

・体格が大きめの人
・硬めの寝心地が好きな人
・仰向け寝の多い人
・寝返りが多い人や寝返りをうつ力が弱い人

には、腰痛を悪化させる可能性があるといえます。

つまり、トゥルースリーパーは寝心地の硬さの好み・寝方のスタイル・寝返りの多さなどの「睡眠スタイル」や「体格」によって合う合わないがあるということがわかります。

「トゥルースリーパー=腰痛に悪い」のではなく、低反発マットレスの硬さに合わない睡眠スタイルや体格の人が使った結果、腰痛が悪化した可能性がありますね。

最適なマットレスの硬さとは?

腰痛などを起こさない最適なマットレスの硬さは、その人の「睡眠スタイル」や「体格」によって決まります。

「睡眠スタイル」とは、

・横向き寝が多いのか、仰向け寝が多いのか
・寝返りが多いのか、少ないのか
・1枚のマットレスに1人で寝るのか、2人以上で寝るのか

といった睡眠時の条件のことです。

また「体格」に合うマットレスとは、自分の体の硬さに近いマットレスのことです。

たとえば筋肉質でがっちりした体格の男性などは、硬めのマットレスの方が向いています。

逆に筋肉量の少ない女性や高齢者などは、柔らかめのマットレスの方が向いています。

これは体とマットレスの硬さが近い方が力が伝わりやすく、寝返りがしやすいからです。

寝返りは、睡眠中の体の血行を良くしたり、筋肉のコリをほぐす効果がある大切な動きです。

そのため寝返りのしやすさは、快適な寝具に欠かせない条件なのです。

ここからは「睡眠スタイル」や「体格」などの特徴別に、おすすめのマットレスの硬さについて解説します。

高反発マットレスが向いている人は?

下表の特徴に当てはまる人が多い人には、硬めの寝心地の高反発マットレスがおすすめです。

【高反発マットレスが向いている人】

睡眠スタイル 仰向け寝が多い
寝返りが多い
好みの寝心地 硬めが好み
暑がり
体格 筋肉質(=体が硬くがっちりしている)
体格が大きめ

仰向け寝が多い人は、腰やお尻が沈み込みにくい高反発マットレスが腰痛対策におすすめです。

寝返りが多い人も、高反発素材が寝返りの動きを補助してくれます。

また高反発マットレスは寝具が体にフィットせず通気性が良いため、暑がりの人には涼しく眠ることができます。

中反発マットレスが向いている人は?

下表の特徴に当てはまる人が多い人には、標準的な硬さの中反発マットレスがおすすめです。

【中反発マットレスが向いている人】

睡眠スタイル うつぶせ寝や横向き寝が多い
寝返りの頻度は普通
好みの寝心地 普通~柔らかめが好み
体格 体格は標準

寝返りの頻度、好みの寝心地、体格が標準的な人には、硬すぎず柔らかすぎない中反発マットレスがおすすめです。

低反発マットレスが向いている人は?

下表の特徴に当てはまる人が多い人には柔らかい寝心地の低反発マットレスがおすすめです。

【低反発マットレスが向いている人】

睡眠スタイル 横向き寝が多い
寝返りの頻度は少ない
夫婦や家族など2人以上で一緒に寝ている
好みの寝心地 柔らかめが好み
体格 筋肉量が少ない(=体全体が柔らかい)
体格は小さめ

横向き寝が多い人は、低反発マットレスが凸凹の大きい肩や腰に合わせて優しくフィットするため、体の痛みを軽減する効果が期待できます。

また2人以上で同じマットレスに寝ている場合も、衝撃吸収にすぐれた低反発がおすすめです。

寝返りの頻度が少なく、体つきも柔らかめの人には、低反発マットレスで寝返りのしにくさを感じることもないでしょう。

トゥルースリーパーの種類と特徴は?

低反発マットレスとして有名なトゥルースリーパーですが、実は

・高反発マットレス「トゥルースリーパー セロ」

・中反発マットレス「トゥルースリーパー ネオフィール」

・低反発マットレス「トゥルースリーパー プレミアム」

と様々な硬さの商品ラインナップがあり、自分の「睡眠スタイル」や「体格」に合った、最適な硬さのマットレスを選ぶことができます。

ここからは、トゥルースリーパーの種類と特徴をご紹介します。

高反発マットレス「トゥルースリーパー セロ」

高反発マットレス「トゥルースリーパー セロ」

トゥルースリーパーセロは、体の沈み込みを抑え、すぐれた体圧分散で体を支える高反発マットレスです。

マットレス内部は通気性の良い網状素材と、暖かい硬わた素材の両面仕様になっており、夏は涼しく冬は暖かく眠ることができます。

またどちらの内部素材も水洗いができるので、清潔に使えます。

中反発マットレス「トゥルースリーパー ネオフィール」

中反発マットレス「トゥルースリーパー

トゥルースリーパーネオフィールは、低反発マットレスの柔らかなフィット感と、高反発マットレスの弾力性を併せ持つ中反発マットレスです。

中に使用しているウレタン素材は吸湿性・放湿性どちらにもすぐれているので、年中サラリとした寝心地です。

低反発マットレス「トゥルースリーパー プレミアム」

トゥルースリーパーの代名詞ともいえるロングセラー商品の低反発マットレス

トゥルースリーパーの代名詞ともいえるロングセラー商品の低反発マットレスです。

手持ちのベッドマットレスや布団の上に重ねて使う、オーバーレイタイプのマットレスです。

トゥルースリーパーを最安値で買うには?

トゥルースリーパーは、店舗や通信販売で買うことができます。

最安値で買うにはどこがいいのかをまとめました。

店舗

トゥルースリーパーは、全国に2カ所ある直営店(2019年1月現在)をはじめ、全国の大型ショッピングセンターなどの取扱店で購入することができます。

店舗で購入するメリットは、実際に見たり触れたり、寝心地を確かめてから買えることです。

デメリットは、店舗によって価格・送料・返品可否などの条件が異なることです。

また店舗によっては、トゥルースリーパーの模倣品のような粗悪品が販売されているところもありますので注意が必要です。

店舗で買う場合は、ショップジャパン公式HPに掲載されている正規取扱店で買うようにしましょう。

また、店舗によって異なる価格や返品条件などをしっかりと確認しましょう。

通販

トゥルースリーパーは、ショップジャパン公式HP、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでのネット通販をはじめ、ショップジャパンのテレビショッピングなどから電話でも購入することができます。

通販で買うメリットは、送料無料・返金保証といったサービスが充実しており、ポイントなどがお得に貯まることです。

デメリットは、いろいろな商品を見比べて買うことができないことや、通販サイトによって価格や返金保証などの条件が異なることです。

トゥルースリーパーを取り扱う通販サイトの条件を比べました。

※トゥルースリーパープレミアケア(マットレス)シングルサイズの場合(2019年1月現在)

ショップジャパン
公式
楽天 Yahoo!
ショッピング
Amazon
※Prime会員の場合
価格(税込) 24,624円 26,784円 26,784円 26,541円
送料 無料 無料
※Prime会員限定
返品・返金 60日間返金保証あり 購入後30日以内の未使用・未開封商品は全額返金
(Amazon規定に準ずる)
その他
サービス
24時間365日のサポート体制がある ・24時間365日のサポート体制がある
・ポイントが貯まる

トゥルースリーパーを最安値で買えるのは「ショップジャパン公式」

トゥルースリーパーを最安値で買うには、ショップジャパン公式(ネットまたは電話)がおすすめです。

他の通販サイトに比べて

・価格が安い
・送料無料
・60日間の返金保証あり
・24時間365日のサポート体制あり

といったメリットがあります。

公式サイトなので、トゥルースリーパーの模倣品や粗悪品などを買う心配もなく安心です。

また、ショップジャパン公式に比べると価格はやや高くなりますが、楽天やYahoo!ショッピングでも同様のメリットがあります。

ポイントを貯めることを重視したい人には、楽天やYahoo!ショッピングでの購入もおすすめです。

まとめ

「腰痛が悪化する」という噂のあるトゥルースリーパーですが、腰痛悪化の原因はトゥルースリーパーにあるのではなく、低反発マットレスの硬さに合わない睡眠スタイルや体格の人が使うことにありました。

トゥルースリーパーには高反発・中反発・低反発と様々な硬さのマットレスが揃っているため、自分の睡眠スタイルや体格に合った最適な硬さのマットレスを選ぶことで腰痛を改善する効果が期待できます。

またトゥルースリーパーを最安値で買うには、ショップジャパン公式がおすすめです。

公式なので模倣品や粗悪品を買う心配もなく、購入前後のサポート体制も充実しているので安心です。

腰痛にお悩みの方は、自分に合った硬さのトゥルースリーパーを選んで、寝起きの体の痛みとは無縁の快眠を手に入れてくださいね。

その他の腰痛にいいマットレスについては、「腰痛マットレスゼミ」で詳しく解説しています

-マットレス

Copyright© 腰痛マットレスゼミ , 2019 All Rights Reserved.